2006年04月20日

視力回復・GTスッポンコラーゲン(100粒)

視力回復・GTスッポンコラーゲン(100粒)【(スッポン専門)水幸苑】

視力回復のためのコラーゲンは、皮膚や軟骨、骨、腱、内臓(主に消化器)、血管に多いタンパク質で、細胞をつないでいる細胞間物質に多く存在する体の土台となる物質で、量的には全タンパク質の30%以上を占めます。

視力回復のためのコラーゲンの多くは3本のアミノ酸の鎖が3重に合わさったらせん状の形をしており、その特徴的な構造のため、タンパク質中最強の強度を持ちます。よって、強度の必要な部位(骨格や皮膚)に多用されています。

つまり、視力回復のためのコラーゲンの重要な働きの1つは私達の体を支えること、です。折れにくい粘り気のある骨、弾力性に富む関節、張りのある皮膚、それぞれの機能はコラーゲン繊維の引っ張り強度の強さにより実現されているのです。

また、細胞と視力回復のためのコラーゲンの関わりに注目すると、毛細血管以降は視力回復のためのコラーゲンを多く含む細胞間物質経由で栄養の補給と老廃物の廃棄が行われていることに重要な意味があります。

私達の体の一部を大きな街に例えるなら、毛細血管でさえも幹線道路のようなもので、視力回復のためのコラーゲンは細胞に続く小道に相当します。

個々の細胞は家などに相当するわけですが、1軒1軒に生活物資を届けるには小道がキチンと整備されている必要があるわけです。

つまり、もうひとつの視力回復のためのコラーゲンの重要な働きは、個々の細胞の活動を支えることです。細胞が分裂する際養分以外に視力回復のためのコラーゲンに接していることが必要であることを併せて考えると、細胞が視力回復のためのコラーゲンに依存する程度の高さを理解するのはやさしいと思います。

>>TOPにもどる


posted by GOODEYE at 22:58| Comment(5) | TrackBack(1) | 視力回復サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

視力回復・ビジョンブライト

ビジョンブライト【ジオマート】

自宅で簡単!手軽に!視力回復!
視力を回復し、あの頃の視力を取り戻したい!
視力回復のための手術は必要ありません。

1日たったの5分の視力回復トレーニングでOK!
続けれられる視力回復トレーニングをしよう!

その視力回復トレーニングの方法もいたって簡単です。

視力を回復し裸眼生活を手に入れて、新たな生活を始めよう!
ビジョンブライトに組み込まれた、コントラストの
強いカラー写真、解像率の異なる映像が目に写し出され、
それを覗くことにより眼の筋肉が視力回復トレーニングされる
仕組みとなっています。

ビジョンブライトは、視力回復を目的とし中国で開発され、一日数回覗くことで効果が得られる視力保健器です。

人間の視覚生理機能と光学の図像原理を利用し、器具内に設置されたカラー写真のターゲットを遠近距離により連続移動させます。

使用者の眼がこの動きを追うことで、科学的に調節肌が鍛えられ、水晶体の調節機能が高まり、視力回復の効果が得られるというものです。

リラクゼーションの音楽が流れより集中して訓練できます。
心地よい視力回復法だといえます。

あなたの視力回復にお役に立ちたいです。

>>TOPにもどる


posted by GOODEYE at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 視力回復トレーニング器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

視力回復・アイトレーナー

視力回復のためのアイトレーナー【美と健康のお楽しみ通販『ケンコウアイ』】

近視は、「メガネで矯正すれば済む」、「遺伝だから治らない」、そして結局「近視は治らない」が常識として定着しています。
しかし、多くの近視には適切な訓練が必要と考えます。視力回復も夢ではありません。
その訓練方法とは、

(1)遠くのものと眼前近くのものを交互に見る「水晶体体操法」
(2)遠くにある視標を凝視する「望遠訓練法」
(3)近くのものを見ている時の「より目」と反対に、両目を外側に開く訓練をする「開散訓練法」
(4)虫メガネと同じ凸レンズを通して遠方を凝視して、水晶体の屈折力を減少させる「凸レンズ装用法」

以上4つの訓練原理に基づくトレーニング方法です。

 視力訓練器「アイトレーナー」は、上記4つの訓練方法を、ズーム機構など独自の光学技術を用いてコンパクトに実装した視力回復のための製品です。

「アイトレーナー」を通して、ご家庭のテレビ画面を凝視することで、視力訓練を「効果的」に、「いつでも」行うことができます。簡単な視力訓練で疲労回復を待たずに継続でき、視力回復を実現できます。 

また、近視レーザー手術などに比べ副作用の心配がないので、とくに成長期のお子様にお役に立てれば幸いです。

《アイトレーナー》は、眼科医師の鈴木弘一先生が考案した、家庭で手軽に眼筋のトレーニングができ視力回復につながる訓練器具です。
双眼鏡のように、約3m離れた対象物を見ながら視力回復訓練をします。

スコープ内に左右4枚ずつの光学レンズが組み込まれており、見え方が一定のサイクルで自動的に変化。8秒間で徐々にズ−ムアップし、2秒間で元に戻るという画像の拡大・縮小が繰り返されます。さらに、その間にピントが合った状態から画像がボヤけたり、開散(左右に分かれそうになる)したり、また二重に見えたりといった変化が起こります。

この一連の画像変化が、目のピント調節を行う筋肉を鍛え、柔軟性を取り戻す視力回復には効果的なトレーニングになります。

>>TOPにもどる


posted by GOODEYE at 23:22| Comment(0) | TrackBack(2) | 視力回復トレーニング器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。